産業保健師の求人ランキング

産業保健師の求人@東京

東京には事業所数約70万事業所(対全国比11.5%)、従業員数約950万人(15.1%)といずれも全国第1位を誇り、日本経済を支えています。産業構成比で見て見ると第一次産業が0.1%、第二次産業が18.6%、第三次産業が91.5%とサービス業・卸売業・小売業など第三次産業が占める割合が極めて高い特徴があります。また東京には国を運営する行政機関をはじめ東証一部上場の大手企業本社や、外国企業の日本法人本社などが数多く立地しています。

 特に比較的企業規模の大きな事業所における昨今の健康課題は、従業員のメンタルヘルスです。長引く景気低迷、不安定な雇用情勢に加え、大企業では競争社会や成果主義志向が強まり、ストレスやプレッシャーの多い労働環境にあります。そのため仕事に対する精神的な不安を抱える社員は平均して約2%、潜在的なものも含めると約5%の社員が職場に対して何らかの悩みや不安を抱えている状態にあると言われています。うつ病による欠勤や休職者が増えるだけでなく、心身の不調から職場復帰が難しいケースも少なくありません。
 産業保健師としては労働環境の整備に働きかけ、関係者や関連部署との調整を図り、メンタルヘルスケアが必要な社員を健全に職場復帰させるためのサポートやフォローアップが必要です。

様々な社会情勢から労働環境が厳しい昨今、従業員と事業者の健康支援から個人の生活を守り企業の労働損失を軽減する産業保健師に期待が高まっています。社員1,000人以上の企業規模を持つ事業所においては90%近くが保健師・看護師を配置しており、大手企業の多い東京には産業保健師の需要が見込まれます。しかしながら産業保健師を求めるか否かは企業・事業所など雇用側の任意であるため、実際の産業保健師の募集人数は非常に限定的で不定期採用が大半です。また前任者の産休や長期休暇の代替に臨時・契約という形で急遽採用になることも少なくないため、産業保健師として就業するのは狭き門、かつタイミングも重要となってくるでしょう。

 東京で産業保健師を目指したい人は、産業保健師の求人に強い看護職向けの就・転職サイト「ナース人材バンク」「ナースではたらこ」「看護ジャパン」「MCナースネット」「ベネッセMCM」などに登録して仕事探しのプロのサポートを積極的に活用しましょう。上場企業や大手事業所の産業保健師は給与面や福利厚生の待遇が充実し、産業保健師としてのキャリアアップも望めます。稀少&人気の産業保健師の求人も専門サイトならしっかりリサーチしてくれます!

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細
看護プロ 無料 全国 株式会社
ローザス
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.