産業保健師の求人ランキング

女性産業保健師

19世紀の終わりに行なわれた巡回看護という活動が今日の保健師の基礎となっています。そうした歴史的背景と流れから長い間保健師は女性の職業とされてきました。現在は男女の保健師が存在していますが、男性保健士が登場したのが1994年、男性保健師となったのはつい数年前の2003年からなのです。まだまだ大半が女性というのが保健師の世界です。

保健師の9割以上が女性ですので、女性保健師の方は保健師求人自体をみつけることは難しくありません。しかし産業保健師となると他の保健師求人に比べ、ぐっと求人数が少なくなります。産業保健師として働く保健師は、就業保健師全体の10%にも届いていません。しかし産業保健師を雇用する企業側は、労働者の労働保健衛生管理の向上や徹底、そして労働者の健康や近年増えるメンタルヘルスへの対応から産業保健師を積極的に配置してゆこうという動きがあります。

そして他の保健師に比べて求人の少ない産業保健師ですが、就業する産業保健師の99%以上ですから100%に近い割合で女性産業保健師となっています。労働環境衛生を整えるコーディネーター的な役割を担う産業保健師ですが、近年労働者の健康増進やメンタルヘルスへの対応への仕事の割合が高まっています。

飽食の時代にあってのメタボリックシンドロームのような生活習慣病への対策、グローバル社会での企業活動から来る、海外出張時の感染症予防対策など、産業保健師の仕事は多様化しています。労働環境衛生に関わる産業医師や産業看護師また外部専門スタッフ、社内総務部などと連携を取り、チームを作って業務推進する際のコーディネイトを産業保健師がおこないます。

男性中心の製造現場の保健師となると、女性産業保健師であるあなたと女性産業保健師のみが女性という場合があるかもしれません。働く事業場によって男性中心の職場になる可能性がある職業です。事業場の男女に比率によってケアすべき内容が異なってくるでしょう。職場の男女比率に関しては、就職活動の際に検討しておくべき点です。

女性産業保健師は、保健師が長きに渡り女性中心の職業である事、就業先が企業内であることから、働きやすい環境にあるといえます。女性は出産や育児など人生のイベントがあります。家庭と仕事の両立という点で選択肢が限られます。女性産業保健師は、就業期間は企業の職務規程通り残業も少なく、出産や育児休業制度の整えられた環境にあります。

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.