産業保健師の求人ランキング

産業保健師になるには

産業保健師になるには、保健師資格を持った方が産業保健師求人に応募し採用されることが必用になります。産業保健師という資格は存在しません。保健師資格をお持ちの方はどなたでも産業保健師を目指す事が可能です。

将来何になるのか検討している高校生の方が、産業保健師という職業を知り、将来なろうと目指す場合は、最短コースで効率的に資格所得を目指す事が出来るでしょう。最短コースとはいっても保健師になる事自体が、努力と学習、時間や費用を必用とするものです。まず看護系の大学に進学し、看護師・保健師統合コースを履修します。大学卒業と同時に看護師と保健師の資格を取得します。産業保健師への就職活動は、大学在学中の卒業見込み、資格取得見込みの段階で始めます。

ただし産業保健師は、新卒の保健師の他に数年看護師や他の職種で働いてきた社会人も一緒に応募する事になります。社会人経験や看護師経験、他の機関での保健師キャリアのある方と一緒に採用試験を受けますので、新卒産業保健師はなかなかの高いハードルになるででしょう。産業保健師が数名所属する大規模事業場で新人産業保健師を採用するという条件のものを優先的に選択すると良いでしょう。そうした情報は素人ではなかなか掴む事が出来ません。産業保健師求人を専門に取扱う就職転職サイトに相談しましょう。

実際に産業保健師となる方の多くが、他の職場で保健師や看護師としてキャリアを積んだ方となります。転職経験もあり社会人としてのマナーも身につけている方がほとんどです。実際に看護師から産業保健師になる方、行政保健師から産業保健師を目指す方等が多いようです。

看護師から産業保健師を目指すには、保健師資格が必用になります。看護大学時代に保健師資格も取得していれば別ですが、看護師の仕事と並行するか一端離職するかして、保健師養成学校や看護系短期大学の保健師養成コース等に編入しなければなりません。日勤看護職は難しくなります。

保健師養成学校などには学費がかかります。保健師学校期間の生活費や学費などの工面も大事な計画です。そうして漸く取得した保健師免許ですが、採用されなければ産業保健師になれません。他の保健師募集よりも少ない産業保健師募集情報を得るには、産業保健師求人を扱う転職サイトを利用するのが良い方法です。新人産業保健師採用が難しい場合は他の保健師としてキャリアを積んでからチャレンジする道もあります。

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.