産業保健師の求人ランキング

産業保健師の役割

産業保健師は特定の企業・事業所に勤務し、産業医とともに従業員の健康を管理し安全健全に働くことのできる環境づくりを担う保健師です。産業保健師の仕事においては、企業に働く社員の応急医療、特に定期健康診断などの健康管理、健康相談や保健指導、メンタルヘルスケア、職場巡視などを通して作業・職場環境の管理についてアドバイスも行います。

 労働安全衛生法では常時50人以上の従業員がいる企業・事業所では‘産業医’を選定しなくてはならない規定がありますが、産業保健師に関する選任規定はありません。つまり産業保健師を配置採用するか否かは各企業の任意になります。保健師・看護師を含めた日本産業衛生学会産業看護部会認定の産業看護師は約1,300名おり、社員1,000人以上の企業規模を持つ事業所においては90%近くが保健師・看護師を配置していますが、社員300人以下になるとほとんど産業保健師の配置がないのが現状です。

しかしながら昨今の社会は、産業構造の変化やグローバル化、長期にわたる経済低迷等により、労働環境は厳しく、加えて成果主義や競争社会におけるストレスやプレッシャーなど精神的負担は大きなものがあります。そうした労働環境の中、メンタルヘルス対策、生活習慣病の予防、過重労働の軽減など労働者への健康支援における産業保健師の役割に大きな期待が高まってきています。企業にとって労働者は大切な労働力であり、労働者一人一人の健康は一個人の問題にとどまらず、企業の労働損失が社会活動にも連動してきます。労働者が安全かつ健康に、働き甲斐をもって働くことができ、生産性の高い職場作りをしていけるよう、産業保健師が労働者と事業者をサポートすることで、個人の生活を守り企業の労働損失を軽減する役割を担っているのです。

 特に今後の産業保健師の役割として重要になってくるのが企業内のメンタルヘルスケアであると言われています。仕事に対する精神的な不安を抱える社員は平均して約2%、潜在的なものも含めると約5%の社員が職場に対して何らかの悩みや不安を抱えている状態にあると言われています。職場の過度なストレスやプレッシャー、うつ病による欠勤や休職者が増える中、ストレスが生じないような職場環境を作る意識改革、労働環境の整備、関係者や関連部署との調整など、メンタルヘルスケアが必要な社員を健全に職場復帰させるためのサポートやフォローアップを担う要の役割を求められえるでしょう。

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.