産業保健師の求人ランキング

産業保健師資格試験の合格率

産業保健師になる為に「産業保健師」という資格は存在していません。保健師資格を持っている方が産業保健師募集に採用になることが産業保健師になる方法です。保健師になるためには様々な条件をクリアーしなければなりません。指定の養成学校において専門教育を受ける、そして履修科目の修了、卒業、看護師免許の取得など、多くの時間や勉強そして費用を費やす事になります。

産業保健師の職場は企業の事業場になります、したがって採用確立を高める、採用する企業が必用とする人材となるために、第一種衛生管理者免許を保健師免許に加えて取得しておく事をおすすめします。産業保健師の募集は、他の保健師募集に比べて数が少なくなっています。少ない求人の中から自分にあうものを選び就職するには、採用側の必用とする産業保健師に近づけるなどの対策が必用です。

産業保健師という資格はありませんから、資格試験や取得義務もありません。産業保健師になるには保健師にならなければ実現しません。保健師になるには、看護師免許を取得していなければなりません。保健師の免許取得には保健師国家試験を受験し合格しなければなりません。1年に一度実施される保険師国家資格の合格率は毎年80%代後半から90%代前半を推移するという非常に高い合格率になっています。

しかし保健師国家試験の受験資格を得るまでが大変なのです。高校卒業後、看護専門学校や看護短大で2〜3年看護教育を受け看護師免許取得後、1年間保健師学校で養成教育を受けます。看護専門学校では保健師養成コースが設けられている所があり、看護師と保健師免許を取得出来る学校もあります。現在は保健師学校の減少や大学進学が一般的となった事もあり看護系大学の4年間で看護・保健師統合コースを取得する方法が主流となってきました。

保健師資格を取得すれば、都道府県に第一種衛生管理者免許を申請のみで取得する事が出来ます。費用や試験は一切必用ありません。そうなれば産業保健師の就職活動に有利に働き、産業保健師採用に近づきます。

産業保健師の募集に対する競争率や合格率は募集案件によって非常に差があります。募集の出されるタイミングもまちまちです。都市部の人気求人であれば応募殺到で合格率は非常に低くなります。地方の募集で競争率が低くあなたと企業との条件がマッチすれば合格率は高まります。産業保健師はタイミングとマッチングが採用率すなわち合格率を左右します。

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.