産業保健師の求人ランキング

産業保健師の勤続年数

産業保健師の勤続年数は一体どれほどのものなのでしょうか。調査によれば、勤続1年以上5年未満の勤続年数の産業保健師が最も多く、およそ25%とのことでした。1〜10年未満の勤続年数の産業保健師がおよそ44%を占めています。また勤続10年以上20年未満の方は、およそ18%だそうです。

年代別に見てゆくと20代の平均就業年数は3年弱、30代は7年弱、40代は15年弱、そして50代になるとおよそ22年という結果であったそうです。当然年齢を重ねる=勤続年数が長くなるということではありますが。就業年数が年代毎に長くなっているということは、比較的若いうちに産業保健師となり、産業保健師の仕事を継続していることを意味しています。

産業保健師は、その多くが所属する企業の正社員であり、待遇も他の社員同様の勤務形態、福利厚生となっている方がほとんどです。平日日勤、時間外労働はほとんどなく定時に帰る事の出来る規則的な労働形態が魅力の一つです。保健所勤務等の行政保健師や、学校勤務の学校保健師も規則的に働ける職場であり、保健師という職業は、平日日勤の健康的かつ規則的に就労出来る職業のひとつといえるでしょう。

産業保健師の経験年数の平均はおよそ14年とのこと。また一つの職場での勤続年数は5年未満が最も多く、次いで10年未満という結果になっています。これは行政保健師や学校保健師に比べて短い勤続年数です。また産業保健師以外の仕事に就いた経験のある方が多いそうです。そのことから、看護師をはじめ他の職業を一度経験してから保健師になり、産業保健師の仕事に就いたという方が結構いらっしゃる事が推察されます。産業保健師以外の仕事をした年数で最も多いのが1〜5年未満だそうです。

例えば看護師や行政保健師として5年程勤務した後、20代後半に産業保健師となるというケースが多いという事です。そうした転身のチャンスが社会的にあるということも意味しています。産業保健師になる方は8割以上が転職経験があるといわれています。これは産業保健師になるためのプロセスが影響していると思われます。

看護師や行政保健師等、産業保健師になる前に別の職を経験する中で産業保健の存在に気付く或は魅力に気付くという方が多いのでしょう。保健師の平均年齢は40歳前後だそうで、一つの職場での就業年数が最も多いのが5年未満ですから、30代でも産業保健師への転身は充分考えられると言えます。

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.