産業保健師の求人ランキング

産業保健師の一般的な採用基準

産業保健師とは特定の企業・事業所に勤務し、そこで働く社員の応急医療をはじめ、定期健康診断など社員全員の健康管理、健康相談・保健指導、メンタルヘルスケア、体操やストレッチ指導を交えた健康支援、インフルエンザが流行する時期には予防策を啓蒙するなど、常に社員が健康・安全に仕事に従事できる環境づくり、健康づくりに視点を置いた保健活動を行います。
企業にとって従業員は大切な労働力であり、従業員一人一人の健康問題は一個人の問題にとどまらず、企業の労働損失や社会活動にも連動してきます。従業員が安全かつ健康に、働き甲斐をもって働くことができ、生産性の高い職場作りをしていけるよう、従業員と事業者の健康支援面を産業保健師がサポートしています。

 産業保健師は企業に働く保健師ですが、労働安全衛生法で常時50人以上の従業員がいる事業所では‘産業医’を選定しなくてはならない規定がありますが、産業保健師に関する選任規定はありません。つまり産業保健師を求めるか否かは企業・事業所など雇用側の任意であり、社員1,000人以上の企業規模を持つ事業所の90%近くが保健師(または看護師)を配置しているものの、社員300人以下の事業所ではほとんど配置採用していないのが現状です。また産業保健師の募集人数は限られ定期採用はほとんどありません。前任者の産休や長期休暇の代替に臨時・契約という形で急遽採用になることも少なくないため、産業保健師として就業するのは狭き門、かつタイミングも重要となってくるでしょう。

 産業保健師になるための特別な資格等はありませんが、一般的な採用基準としては「臨床経験有り」「産業保健師としての経験者」など‘経験者’を求める傾向にあります。代替や臨時などの必要性から採用することも少なくないことから、即戦力として働くことのできる保健師が優位です。しかしながら昨今の厳しい労働環境下、メンタルヘルス対策や生活習慣病の予防など従業員に対する健康支援における産業保健師の役割に期待は高まり、経験の有無に関わらず求人募集する事業所も増えつつあります。
ただ、産業保健師に多い不定期採用・人数限定・急務の求人募集は一般的な求人情報ではなかなか見つけることができません。闇雲に探すよりも産業保健師の求人に強い看護職向けの就・転職サイト「ナース人材バンク」「ナースではたらこ」「看護ジャパン」「MCナースネット」「ベネッセMCM」などに登録して仕事探しのプロのサポートを積極的に活用しましょう。理想の職場が見つかります!

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.