産業保健師の求人ランキング

産業保健師の年収アップのポイント

産業保健師とは特定の企業・事業所に勤務し、そこで働く社員の応急医療をはじめ、定期健康診断など社員全員の健康管理、健康相談・保健指導、メンタルヘルスケア、体操やストレッチ指導を交えた健康支援、インフルエンザが流行する時期には予防策を啓蒙するなど、常に社員が健康・安全に仕事に従事できる環境づくり、健康づくりに視点を置いた保健活動を行います。
産業構造の変化やグローバル化、長期にわたる経済低迷等により、昨今の労働環境は厳しく、加えて成果主義や競争社会におけるストレスやプレッシャーなど精神的負担は大きなものがあります。そうした労働環境の中、メンタルヘルス対策、生活習慣病の予防、過重労働の軽減など従業員への健康支援における産業保健師の役割に大きな期待が高まってきています。

そんな産業保健師の給与は、平均月給25〜30万円、年収にして約400万後半〜500万円前後で推移しています。産業保健師の場合、勤務先が民間の一般企業であるため一般社員同様、年収や給与体系は企業経営・経済動向・景気の影響を受け、就職先によって処遇が大きく異なります。不況で業績不振が続けば会社経営が悪化し、賞与減額、昇給の見送りなどもあるでしょう。産業保健師の中でも東証一部上場などの大手企業の正社員保健師ともなれば、福利厚生が充実し安定した職場である上、30歳で年収500万、35歳で600万、40歳で700万と高収入を見込むことができるようです。

 こうした 好条件・年収アップの職場を探すには、就・転職のタイミングと求人情報ソースがポイントになります。産業保健師の求人は、募集人数が限られ、定期採用をする企業はほとんどありません。前任者の産休や長期休暇の代替に臨時・契約という形で急遽採用になることも少なくないため、総じて産業保健師の求人は稀少&タイムリーに求人があるかどうかが大切です。
また産業保健師に多い不定期採用・人数限定・急務の求人募集は一般的な求人情報ではなかなか見つけることが難しいため、闇雲に探すよりも産業保健師の求人に強い看護職向けの就・転職サイト「ナース人材バンク」「ナースではたらこ」「看護ジャパン」「MCナースネット」「ベネッセMCM」などに登録して仕事探しのプロのサポートを積極的に活用することをオススメします。プロのコンサルタントが一人一人に合った求人情報をリサーチし、年収アップの目標も叶います!

産業保健師の転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細
看護プロ 無料 全国 株式会社
ローザス
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 産業保健師の求人ランキング All Rights Reserved.